鼻が悪ければ耳も悪くなりやすくなる

鼻が悪ければ耳も悪くなってしまう

鼻づまり解消研究室>口呼吸の悪影響>鼻が悪ければ耳も悪くなりやすくなる

鼻と耳は密接につながっている

鼻が詰まっていたり鼻水がよく出ていると耳にも影響が出やすくなり鼻と耳はとても密接につながっているのです

逆に耳が調子が悪ければ鼻にも何かしらの不調が出やすくなってしまうのです

鼻水が出ているときに耳のお聞こえが悪いときなどは中耳炎などの症状になっていることがよくあります

中耳炎・・・鼓膜よりもさらに奥にある中耳腔というところに液体が溜まってしまう症状のことです

このように耳の奥に液体が溜まるのでとても違和感があり気持ちが悪くなります

中耳腔に液体が溜まってしまうと鼓膜などの動きが悪くなってしまいます

大人は違和感があれば言葉で表現できるし病院にも行けるのですが子供の場合は痛みがないケースなどは自分で気づくことがとても難しいので発見が遅れてしまい症状を悪化させてしまいます

 

耳管狭窄症・・・この病気は耳管は中耳の空気圧を調整しているところであり

この場所が不調になると耳が塞がった感じや詰まった感じになって声や音が聞こえにくくなってしまいます

例えば高い場所に行ったときやエレベーターに乗って高い階に行った時に耳が詰まった感じがすることがありこれは気圧の変化によって起こることで耳管の換気機能が上手く対応できていないことが原因で起こってしまいます

しかし通常の状態だと唾をのみ込んだり鼻をつまんで口を膨らませれば大体治ります

一時的に耳が詰まってこのような簡単な方法で治れば全く問題はないのですが耳管狭窄症を引き起こしてしまうと通常の生活でも耳が詰まっていたり塞がった感覚がします

 

こどもの中耳炎や耳管狭窄症を発見する方法

こどもは自分の体の状態を伝えることがまだ難しく特に痛みなどがないケースでは自分から伝えたり気が付くことができにくいです

特に鼻の調子が悪いときなどは注意が必要でありしっかりと観察する必要があります

 

 

こどもの中耳炎や耳管狭窄症を発見するセルフチェック

1 耳を触る回数が増える

2 テレビの音量を普段より大きくする

3 いつもより大きな声で話すようになっている

4 声をかけても反応がない

このように普段とは様子がおかしい場合は中耳炎になってしまっている可能性があるので耳鼻科へ連れていく必要があります

 

中耳炎や耳管狭窄症を防ぐ

     

中耳炎や耳管狭窄症を防ぐには鼻づまりや鼻水を治しておく必要があります

これらの症状は鼻と密接につながっており鼻の状態が良ければほとんど解消します

特に常日頃から鼻水をすする癖がある人や鼻が詰まっている人は日常的に鼻のケアをすることがとても重要です

 

自分で出来る鼻の状態を良くする方法・・・鼻呼吸の第一歩はこちら

 

鼻づまりや鼻の状態が良くなる精油を混入したアロマテラピーはこちら

このお茶を選んだ理由は薬を飲まなくても、体に害のないお茶に鼻づまりや花粉症を和らげる効果がある成分があり人気急上昇中!

白井田七。茶

 

 

 

鼻づまり解消方法

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015