鼻づまりだと口呼吸になり血圧も上がる

鼻づまりだと口呼吸になり血圧も上がる

鼻づまり解消研究室>口呼吸の悪影響>鼻づまりだと口呼吸になり血圧も上がる

鼻づまりが原因で口呼吸になり高血圧になる

鼻づまりが原因で鼻から呼吸が出来ないので無意識に口呼吸になってしまいます

鼻づまりと血圧上昇は大きな関係があります

現代社会で高血圧は国民病と言ってよいくらい多くの人が高血圧で悩んでいます

その原因の1つとして鼻づまりによって口呼吸をすることが関係しているのです

 

鼻が詰まることによって口呼吸になりやすくなります

その結果口の中が乾いてしまい細菌などが繁殖しやすい環境になってしまうのです

その逆に鼻づまりが解消して鼻呼吸ができるようになると自然と口が閉じるようになり口の中が唾液で潤うので細菌や炎症の悪化や拡大を防ぐことができます

 

朝起きたときに喉が渇いていたり口がカラカラになっていると要注意

朝起きたときに喉が渇いていたり口がカラカラになっていると要注意です

このように朝起きたときになっているということは口呼吸をしている証拠であり質の良い睡眠を摂っていないことになります

通常睡眠中は自律神経の副交感神経が優位になるので

血圧も下がり心身ともにリラックス状態になるのですが口呼吸になっていることにより

唾液が乾いて口がカラカラになるので細菌が繁殖したり口の中の炎症などが元となりいつまでも副交感神経が優位にたてなく交感神経が優位たち血圧が上昇してしまうのです

このように睡眠の質が落ちてしまえば当然翌日にも大きく影響してきます

体がだるくなったり集中力がなくなってしまったり眠気に襲われてしまうなど様々な悪影響を与えてしまうのです

それだけ鼻づまりによる口呼吸は体に大きく悪い影響を与えてしまいます

しかし鼻づまりが解消できれば改善出来て質の良い睡眠が摂れるようになったり血圧の上昇も防ぐことができるようになります

それ以外にも自律神経が乱れることがなくなり正常に整うようになるのでバランスの良い生活ができるようになるのです

 

口呼吸になると自律神経が乱れてしまう

自律神経が乱れてしまうと高血圧など様々な病気の原因となります

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経を言います

これら2つの神経がバランスよく優位に立つことにより人間の体は活動できているのです

しかし鼻づまりが原因で口呼吸をしていると自律神経のバランスが崩れてしまい交感神経と副交感神経のバランスが成立しなくなってしまいます

通常交感神経は活発に活動しているときに働く神経を言います

その逆に副交感神経は休んでいたりリラックスをしているときに副交感神経が優位に立つ神経のことを言います

 

自律神経が乱れて起きる様々な症状

頭痛

高血圧

疲れ目や瞼の痙攣

耳鳴り、耳が閉じた感じがする

のどの圧迫感やイガイガ感

呼吸が早くなる

慢性胃炎

皮膚の乾燥

大量の汗をかくようになる

疲れやすく倦怠感、微熱感

感情の浮き沈みが激しくなる

急に不安になる

無気力

集中力の欠如

 

これらは全て口呼吸が原因で自律神経が整わずに乱れてしまう要因です

 

 

自律神経を整えるには鼻呼吸を覚える・・・鼻呼吸のコツはこちらです

 

  

 

鼻づまりに効く様々な精油を混入したアロマテラピーはこちら

このお茶を選んだ理由は薬を飲まなくても、体に害のないお茶に鼻づまりや花粉症を和らげる効果がある成分があり人気急上昇中!

白井田七。茶

 

 

 

鼻づまり解消方法

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015