花粉症の症状を改善するには部屋の中の花粉を除去する

花粉症対策は部屋の掃除をする

鼻づまり解消研究室>花粉症を改善する>花粉症の症状を改善するには部屋の中の花粉を除去する

花粉症の症状を改善するには部屋の中の花粉を除去する

花粉症の症状を改善するには部屋の中の花粉を除去することが非常に多義説でありとても効果があります

花粉大きさは20から40マイクロメートルほどでありこれは1ミリの50分の1程度のおおきさになります

これだけ小さければもちろん肉眼では見ることができませんしどんなに小さな隙間でも室内に入り込む可能性もあるのです

花粉の飛散が多い時期はなるべく部屋の窓は開けないことと布団は室外に干すことは避けることが良いです

布団などどうしても室外に干したい時は花粉の少ない夜間などをを狙って干すことをおすすめします

また洗濯物も外へ干してしまうと花粉が沢山付着してしまうので布団と同じく花粉の少ない夜間や乾燥機などを使用するのが良いのですが

日中に干すときなどは洗濯物を取り込むときはしっかりと衣服に付着した花粉を振るい落とすように心掛けておきましょう

その時にマスクを着用しておくようにします

 

花粉症を改善する掃除方法

部屋に入り込んでしまった花粉は掃除機などを使って吸い込ませなければいけません

花粉は特にソファーやカーテンにも付着しやすくそのような場所も掃除機を使って吸い込ませるようにします

カーテンなどの場合は取り外してこまめに洗濯することがベストなのですが中々そうはいかないので掃除機で花粉を吸い込むことができるので非常に効果があります

しかし掃除機にも盲点があり吸い込んだ花粉を掃除機の排気と一緒に吐き出してしまうことがありこのようになってしまうと掃除をしているのか花粉を散らしているのかわからなくなってしまいます

そのようにならないように掃除機をかけた後に花粉は時間がたてば床に落ちるので雑巾がけを行えば非常に効果的と言えます

ここで大切なことは一回の掃除に時間をかけるよりはこまめに回数を多くする方が花粉症対策には効果的と言えます

 

空気清浄機を上手に活用する

花粉が多く飛散する時期は窓を開けることができないので部屋の空気の換気ができないので空気清浄機を使用することをおすすめします

普通に市販されている空気清浄機で十分に部屋の空気を綺麗にしてくれるだけでなく花粉を吸い込む機能も実証されているので部屋に置くことで効果があります

 

主な花粉の飛散時期

                                  
  花  粉 飛 散 時 期
スギ  関東 2~5月 北海道 3~5月 東北 7月以外全て
東海 1~5月、10~12月 関西 1~5月、10~12月
九州 8月以外全て
ハンノキ 関東 1~5月 北海道 3~5月 東北 1~6月
東海 1~4月 関西 1~6月   九州 1~5月
ヒノキ 関東 3~5月 北海道 4~5月 東北 3~5月
東海 3~5月 関西 1~5月 九州 3~5月
イネ科 関東 2~12月 北海道 5~9月 東北 3~10月、12月
東海 3~10月 関西 1~11月 九州 2~12月
ブタクサ 関東 8~10月 北海道 なし 東北 7~12月
東海 9月 関西 8~10月 九州 10~11月
ヨモギ 関東 7~12月 北海道 8~9月 東北 8~10月
東海 8~10月 関西 8~11月 九州 8~11月

 

赤ジソが多く含まれており鼻づまりや花粉症が改善できるお茶

えぞ式すーすー茶

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻づまり解消方法

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015