花粉症の予防方法

花粉症の予防方法

鼻づまり解消研究室>花粉症を改善する>花粉症の予防方法

外出するときはマスクや眼鏡を着用する

花粉症を改善したり症状を軽くするには事前の準備や対策が必要です

その中でも花粉症の時期にも外出しなければいけない時はあるのですがそういったときの服装にも十分気を付ける必要があります

マスクと眼鏡は花粉症で悩んでいる人たちは必ず着用していれば効果が大きいのですがマスクを着用すればマスクをしていない時よりも花粉の防御が6分の1にまで軽減できます

 

マスク

マスクにも種類が様々あるのですがマスクの目の細かいものが理想的です

しかしあまり細かすぎると呼吸しずらくなるので注意が必要です

最近では静電気を利用して花粉を寄せ付けないマスクが出ており花粉防御率が8割以上という数字があり大変効果的なマスクがあります

 

眼鏡

花粉症対策の眼鏡が市販されておりこのメガネは横や上下から花粉の侵入を防げるようになっています

見た目はごつごつしており普通の眼鏡みたいにスマートではないのですが機能はとても優れているので花粉症の大幅な軽減が期待できます

普通の眼鏡でも効果があるので花粉症用の眼鏡がない場合などは普通の眼鏡を着用するようにしましょう

 

コートや上着の素材はナイロン系のものがツルツルしており花粉の付着を防御してくれます

その逆に毛がついているような素材のものは花粉が付着しやすくなるので避けるようにします

 

帽子

帽子は日差しを避けたり熱中症対策だけではなく花粉症対策としても使えます

帽子を着用していれば髪の毛に花粉が付着することがなくなります

髪の毛に花粉が付着してしまうと頭皮に花粉がついてしまったり手で頭を触った時には手にも付いてしまい体内に入り込んでしまうので防止の着用はとても重要です

 

スカーフ、マフラー

これらは首元から花粉の付着や侵入を防いでくれる効果がありしっかりと首元に皮膚が隠れるように巻いていれば万全と言えます

 

 

外から戻ってきたときは花粉を家の中に持ち込まないようにする

外出時の完璧な服装をして花粉をガードしていても服や帽子など身に付けていたものには花粉がしっかりと付着してしまっています

そのまま何もしないで家の中に入ってしまうと花粉が室内に入りこんでしまいます

そこで玄関まで付いたらブラシなどを玄関に置いておきブラシでしっかりと花粉を落とします

またコートなども脱いでしっかりと花粉を振るい落とすようにします

それ以外にもマスクや眼鏡なども外して花粉をタオルなどで拭いて下ろすようにしましょう

 

家に入ればシャワーををするのが良いのですが手間であり中々できないのでうがい手洗いは必ず行い顔にも花粉が付いてしまっているので洗顔もするようにします

また鼻うがいも非常に効果的で鼻の粘膜に付着してしまった花粉の除去が出来るので症状を軽くすることができます 

花粉症に効果がある鼻うがい・・・正しい方法はこちら

 

 

 

 

主な花粉の飛散時期

                                  
  花  粉 飛 散 時 期
スギ  関東 2~5月 北海道 3~5月 東北 7月以外全て
東海 1~5月、10~12月 関西 1~5月、10~12月
九州 8月以外全て
ハンノキ 関東 1~5月 北海道 3~5月 東北 1~6月
東海 1~4月 関西 1~6月   九州 1~5月
ヒノキ 関東 3~5月 北海道 4~5月 東北 3~5月
東海 3~5月 関西 1~5月 九州 3~5月
イネ科 関東 2~12月 北海道 5~9月 東北 3~10月、12月
東海 3~10月 関西 1~11月 九州 2~12月
ブタクサ 関東 8~10月 北海道 なし 東北 7~12月
東海 9月 関西 8~10月 九州 10~11月
ヨモギ 関東 7~12月 北海道 8~9月 東北 8~10月
東海 8~10月 関西 8~11月 九州 8~11月

 

赤ジソが多く含まれており鼻づまりや花粉症が改善できるお茶

えぞ式すーすー茶

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻づまり解消方法

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015