鼻づまりは思考回路を悪くさせる

鼻が詰まった時の対処方法

鼻づまり解消研究室>鼻づまりは体に悪影響を与える>鼻づまりは思考回路を悪くさせる

鼻づまりがあると脳に影響する

脳と鼻には密接な関係があります

鼻はにおいを嗅いだり鼻呼吸をする以外にも鼻から呼吸を吸い込むことによって脳を冷やす働きがあるのです

     

脳は使えば使うほど熱くなり熱を出します

脳は車などのエンジンと同じで使えば使うほど熱くなって冷やさなければオーバーヒートしてしまいます

車で言えばラジエーターが熱したエンジンを冷やす役割を担っており体で言えば鼻が脳を冷やす役割になるのです

鼻が脳の真下に付いているのは脳から伝わってきた熱を冷やす役割があるからと言われています

それ以外にも鼻から呼吸することによって十分な酸素が脳や体内に入り込むのですが鼻づまりなどで鼻呼吸が十分にできない時などは脳が酸欠状態となてしまい本来の脳の働きが出来なくなってしまいます

このように鼻呼吸をすることによって脳に良い影響を与えてくれるようになるのです

 

脳の働きを良くしてくれる鼻呼吸

鼻が詰まってしまっていれば鼻呼吸が十分にはできずに口呼吸が主になってしまいます

口呼吸はデメリットだらけでありメリットはありません

口呼吸の主な悪い点は細菌やウィルスが直接体内に入り込むので病気や風邪になりやすくなります

反対に鼻呼吸は鼻には粘膜や鼻毛があるのでそれらが細菌やウィルスの体内への侵入を妨げてくれます

その他にも冷たい空気を口から吸い込むので直接体内に入っていくので体が芯から冷えてしまい体調不良を引き起こしてしまいます

この場合も鼻から鼻呼吸ができれば鼻の粘膜に冷たい空気が触れて温まるので体内が冷えて体調不良を引き起こすことはありません

 

鼻づまりを解消して鼻呼吸にする方法

  

 

鼻を温める・・・この方法は即効性があり効果が高いのでおすすめします

冬の寒い日に鼻づまりがひどくなると言うのは血行不良が原因と言われています

ホッカイロや温かいタオルを鼻に当てたりお風呂に入って湿った空気を鼻から吸うことで血行が良くなり鼻がスーッと通るようになります

 

 

 

鼻うがい・・・定番の鼻づまり解消方法です

鼻うがいは真水で行うことは厳禁であり真水で行うと痛みが出てしまいます

コツとして片方ずつ行うことが大切です

塩とぬるま湯で行うと痛みが出ずにこうかてきです

方法は人間の体液の浸透圧と同じ割合で、例えばぬるま湯1リットルに対して塩9グラムがベストです

 

 

 

ツボを押す・・・鼻の両脇にある「迎香」を軽く抑えることにより鼻の中のむくみを取ったり鼻水を抑える効果があります

 

 

 

 

 

ペットボトルを脇に挟む・・・この方法は即効性があり鼻が詰まっている反対側の脇にペットボトルを挟んで軽くペットボトルを押します

そうすることによってペットボトルによって圧力を加えた反対側が交感神経が刺激され鼻の通りが良くなるのです。

この時にペットボトルに水などが入っている状態で行えば効果的です

 

 

アロマテラピーで鼻づまり解消・・・アロマテラピーのような植物性の効力で鼻のトラブルを解消させる場合は香りが嗅神経に直接働きかけることで効果が期待されます

 

 

 

鼻づまりや鼻水に効力があるアロマテラピー・・・詳しくはこちらです

このお茶を選んだ理由は薬を飲まなくても、体に害のないお茶に鼻づまりや花粉症を和らげる効果がある成分があり人気急上昇中!

白井田七。茶

 

 

 

 

 

鼻づまり解消できるおすすめ有酸素運動・・・詳しくはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまり解消方法

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015