鼻づまり解消方法を見つけた方法

鼻づまりで悩んでいた頃

鼻づまり解消研究室>鼻づまり解消方法を見つけた方法>鼻づまり解消方法を見つけた方法1

鼻づまりがひどくなった理由

管理人は小さいときから鼻が悪くて、よく耳鼻科に通っていました

中学生になると鼻水や鼻づまりがひどくなり耳鼻科へ行ったら鼻たけが出来ており切除手術を受けました

それ以降大人になるまで鼻づまりや鼻水が全くなくなり鼻づまりのことをすっかりと忘れていたのですが

職場の転勤で川の土手沿いの場所で働き始めたとたんに鼻づまりがとてもひどくなってしまい20年ぶりくらいに耳鼻科が良いが始まってしまいました

最初のころはすぐ直るだろうと特には心配もしていなかったのですが半年を過ぎても朝から晩まで四六時中鼻づまりが続いてしまいました

そこで鼻づまりの原因を調べるため血液検査をしたところ土手沿いによく咲いている「ブタクサ」と家の中の「ダニやほこり」が大きな原因と判明しました

そこから約4年間耳鼻科に通い内服薬を飲み続けていました

しかし一向に鼻づまりは回復することがなく薬を飲み続けることによる副作用の心配と毎月の病院代金も負担となっていたので病院通いをやめてしまいました

 

病院通いをやめてから

病院通いをやめた結果、薬を飲んでいるときは多少でも鼻づまりが軽かったのですが

薬をやめてしばらくするとさらに鼻づまりがひどくなってしまい

とうとう夜も鼻が詰まって何度も目が覚めるようになってしまいました

 

そこで市販の鼻づまりが解消できる点鼻薬を使い始めました

これはとても効果的でどんなに鼻が詰まっていてもすっきりと鼻づまりが解消できたのでそれ以降この点鼻薬が24時間四六時中手放せなくなってしまいました

このころの自分は仕事中や寝ているときも市販の点鼻薬を持っていなければ不安で仕方なく集中力も全くなくなるくらいこの点鼻薬に依存していたのです

 

市販の点鼻薬は即効性があるが鼻づまりの根本的な改善にはならない

市販の点鼻薬は当時魔法のようなものでありどんなに鼻づまりが苦しくても1回鼻にシュッとするとしばらくしてスーッと鼻が通るようになりとても楽になっていました

しかし点鼻薬の注意事項にも書いてある様に1日の使用頻度が決まっておりそれ以上の使用は厳禁なのです

その理由は慢性化してしまい鼻づまりの頻度が多くなり鼻の内側の粘膜が分厚く固くなってしまい肥大化するので鼻づまりがひどくなるのです

確かに使い始めはよかったのですが3年ほど使い続けていると

多いときでは1日に使用限度の6回を超えてしまうことも多々ありました

今まではその場しのぎで点鼻薬を使い続けていたのですが点鼻薬は鼻づまりを根本的に改善してくれるものではなく一時的に楽にしてくれるものだと痛感させられました

それ以降真剣に体に負担のかからない方法で鼻づまりが解消できる方法を考え始めたのです

 

 

 

 

鼻づまり解消方法

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015