鼻アレルギーを抑えるために必要な事

鼻づまりが原因で口呼吸になる

鼻づまり解消研究室>鼻アレルギー>鼻アレルギーを抑えるために必要な事

鼻アレルギーは皮膚や粘膜の過剰反応が原因

鼻アレルギーの症状は花粉症と似ており鼻水や鼻づまり、せきなどが主な症状です

鼻アレルギーや花粉症は皮膚や粘膜の過剰反応が原因となって症状が出るのです

 

このように皮膚や粘膜が過剰反応を起こしてしまう

主な原因はストレスや体調が悪くなった時などは皮膚や粘膜が弱い人の場合アレルギーを起こしてしまい過剰反応を起こしてしまいます

アレルギーが出てしまうということは

ストレスや疲れが原因で脳やホルモンのバランスが崩れてしまい

自分の体の弱い部分に症状が出てしまい鼻アレルギーが出ているという人は皮膚や粘膜が弱いということになるのです

しかしこれらを理解していればアレルギーを寄せ付けない対策が取れるので

このように自分の体の弱い部分を認識することは

非常に重要なことでありアレルギーが改善できる大事な第一歩になります

 

 

アレルギーを抑えるには皮膚や粘膜をしっかりと鍛える

皮膚や粘膜を強化することによりアレルギーを抑えることができるのです

これらは自分一人でも簡単に行えるセルフケアであり日常生活の一部に取り入れることにより効果が発揮されるようになります

 

皮膚の鍛え方・・・乾布まさつが代表的であり効果的な方法です

現代の住居環境は高気密、高断熱であり冷暖房の完備によって

密閉された住空間でありダニやカビが繁殖しやすい環境となっており

寒暖い適応する力が衰えてしまっています

その結果自律神経が過敏になりやすく

アレルギーや花粉症の症状を悪くさせてしまっている原因があります

それらの生活環境を改善する方法として乾布まさつは皮膚に程よい刺激を与えることによって自律神経を正常に保つことができ花粉症などの鼻のトラブルにも改善されるようになるのです

乾布まさつの方法・・・乾いたタオルや水で絞ったタオルで手足の先から心臓に向かって擦ります

①足の先から膝に向かって擦る

②膝から股関節まで擦る

③おへその周辺をぐるぐる回して擦る

④背中をたすき掛けして左右向きを変えて擦る

⑤首から心臓に向けて擦る

乾布まさつを行う場所は最初は屋内の快適な温度の場所で行い慣れてくれば屋外で行うようにします

乾布まさつを行うことにより血流の流れが良くなり自律神経も鍛えられるので色々な良い結果があるので大変おすすめできます

 

 

風呂を正しく入る・・・アレルギー体質のひとは皮膚が乾燥している場合が多いです

皮膚が乾燥してしまえば様々な悪影響があるのです

皮膚は内臓などを保護する役割がある他に細菌やウィルスなどを体内に侵入することを防ぐ役割もあります

また皮膚に保湿があると細菌などの繁殖を防いでくれる役割もあります

皮膚を正常に保持するにはお風呂の入り方にも気を付ける必要があるのです

気を付けることは皮膚を乾燥させないように努力する必要があります

風呂の温度が高すぎると風呂上りに皮膚が乾燥しやすくなるので温度は38度から40度のぬるいお湯に設定するのが理想的と言われています

洗顔もお湯で洗うよりは水で洗う方が良いです

温度が高くなればなるほど皮脂が取られやすくなってしまうので乾燥しやすくなるのです

 

 

鼻づまりに効く様々な精油を混入したアロマテラピーはこちら

このお茶を選んだ理由は薬を飲まなくても、体に害のないお茶に鼻づまりや花粉症を和らげる効果がある成分があり人気急上昇中!

白井田七。茶

 

 

 

 

 

 

 

鼻が詰まった時の対処方法・・・鼻呼吸の第一歩はこちら

 

 

 

 

鼻づまり解消方法

口呼吸の悪影響

鼻呼吸は体に良いことだらけ

鼻づまりは体に悪影響を与える

鼻づまりが解消したブログ

花粉症対策

鼻アレルギーについて

Copy Right 鼻づまり解消研究室 Co.,Ltd. Since 2015